2013年7月24日水曜日

すでに夏休みになっています。

そして、自身の活動はここよりSNS上に多く記されております。

じゃ、無くて、またサボってました。ごめんなさい。


近況を記すならば、四輪、二輪、共に増減を繰り返しておりまして、四輪(伊)が増、(独)が減減、(米)が増減、二輪(日)が増、こんなところでしょうか。





そう、(仏)に大きな動きは無いですな。


今は、(伊)に手を焼いていて、楽しい限りです。


今年は、(独)を動かす予定、目標だったにも関わらず、(伊)の出現で、あっさりと却下、場外。


随分な仕打ちです。





まっ、次は(独)だから。

忘れたわけじゃないから。

体はひとつだから。



こんな言い訳を自分にしている様じゃ、ロクな事にならない。


良い子はマネしないでね。





そうして月日が流れ、枯れ果てていくんだろうな、物質だし。





そうはならない、させない、そのつもりで今日も、明日も、楽しい

 「クルマ社会」を続けていきましょうかね。




2013年4月29日月曜日

黄金週間に思う事。

過去、私が勤め人だった頃、G/Wは会社的にはあったものの、我々にとっては

「予定を企てられない、大型連休!」

で、あった。

もちろん、個人差はあったが、事前に予定を組んである者が、まぁ、優先される訳で、直前までそんな余裕も無く働いていた者が、

「連休中、交代で出勤(留守番だ)」




とは言え、そこにビジネスチャンスが全く無い訳でも無く、意味の在る出勤になることも、在る。

当時、上司殿は、割り切って全員で休んだ方が、連休明けに穴開けられるより、よっぽど良いからと、

「当支店は、営業は全員、お休みを頂きます。」

堂々と、本社に報告したものだ。





しかし、連休直前に全国の連休中の予定表なるものが伝えられると、まぁ、何処からか横槍が入り、

「意向も尊重するが、全員ってのはいかがなものか?」

と、なって、

「一人づつでも対応できないか?」

元々、大した人数を抱える拠点でも無いので、結局、予定の無い者が2人、もしくは1人で対応することになる。

予定が無い、無いは無いなりに予定がある。でも、予約がされてるわけじゃ無い。即ち、予定が無い、も同然な訳である。

G/Wも、夏も、冬も、そんなにメンバーに変化は無い。そういう役回り、キャラな訳だ。


そして、現代、たった今。

家族には、それぞれの予定が在り、勤め人でも無い私に、相変わらず、予定は無い。

そんな現状が、それほど嫌じゃない。

歳を重ねても、結局、キャラな訳だ。

2013年4月17日水曜日

久しぶりに、始動してみたら。

当方のガレージ?の奥に、カバーを掛けられ、息を潜める様にうずくまっている車両が。

そうさせているのは、もちろん、この私。



出せない。

きっちきち!なんで。


言い訳してても前に進まないので、かなり?無理矢理!出してみて、まぁ、一連の儀式を施して、


  「クラッチ、張り着いてるかぁ?」


    「火花、飛ぶかぁ?」




はい、掛かりました。(よかった。)

徐々にヒートエクスチェンジャーに溜まったオイルがモクモクと吐き出されて、通報レベルの煙が排出されていく。

まずい。

この時間帯、前の道をウォーキングの皆様がお通りのタイミング。

案の定、顔見知りの方が声を掛けてきた。


  「すんごい煙だぁねぇ~、こんなにけむ出して走るんだぁねぇ~。」

内心、(違いますぅ!)とか思いながらも、作り笑顔でえへえへ言うのが、精一杯。




やはり、クルマを趣味として楽しむには、それなりの環境と本人の努力が必要な訳で、ここはひとつ、山でも買って、

麓にサーキット、中腹に専用プルービンググラウンド、山頂に自宅とガレージ。

斜面を利用してゲレンデ、川を生かして渓流釣り。

北側にタイトなコーナーの連続する林道、南側に中高速コーナーを持つ斜度の緩い舗装路。

山頂に近づくにつれ、遠く海が木立の合間から覗く。

タイヤがタレるのが先か?それとも、頂上に着くのが先か?



なんてなことにならないかなぁ~。


2013年2月28日木曜日

20年も前の事。

たまたま、機会在って、昔の自動車雑誌を読み返してみた。

なんの事は無い、体調不良で実家で寝てた時の事。


無性に、「ラグナ セカ!」 の、写真が見たくなり、

若干の高熱の影響もあってか、なんだか必死にページをめくっていた。

すると、おぉ、在るじゃないか!求めていたものが、そこに。

暫くパラパラと写真を目で追いながら、夢想するのは、

  「そこ!」 

    そう、「コークスクリュー。」

頂上のブレーキング競争を制し、左斜め下に広がる?迫る?そのコースを想像しながら、

果たしてそこに待ち受けているものは、いったい?


  「MONTEREY HISTORIC AUTOMOBILE RACES 」

これほど世界の多くの競技車両が轍を刻むサーキットは無いんじゃないか?と、思ったり、

いやいや、ニュルの旧コースはどうだろう?

 うぅ~ん、あそこは市販車が多いか? 

最近は各国のメジャーなサーキットでレジェンドレースが盛んだしな~、

 などと、もう解熱剤の成分をも吹き飛ばす勢いの「脳内横G~」が、掛かりまくりで、体調不良も、

  「コースアウト~!」

       「サンドトラップに捕まったぁ~!」 


みたいな感じで、翌日にはさっぱりと熱も下がり、興奮のみが自身を支配している感じ。



ふと、その雑誌の年号を見ると、1991-11 


記事には、マンセル、セナvsプロストの文字が躍り、

キャンギャルでは無くレースクイーン。


広告には世界中のビンテージカーがひしめき合い、

輸入車のディーラーの日本支社が乱立し、


この狭い国土にたくさんのサーキットがオープンして、

色々、あったなぁ、なんて、  何故か反省したりして。



それでも、この時期、微かに聴こえてくる今シーズンの動向に、

胸が高鳴るのは、


まだまだクルマが、レースが、

   「好き!」 だから。 

    

  しょうがない。

2013年1月6日日曜日

2013 新年の挨拶をしましょう。

明けまして、おめでとうございます。

旧年中は、色々と御世話になりました。

どうか、本年も変わらず御引立ての程、宜しく御願い申し上げます。




私の近況としましては、兎に角、昨年末が何やら用事が立て込み、さりとて年末年始の気分もそれほど盛り上がるわけでも無く、淡々と、粛々と、松の内を明けていこうとしております。




毎年、何気なくテレビ観戦している「駅伝」も、今年は何故か見逃し、後で聞けば、其れなりのどんでん返しでエキサイティングであったと。

自宅のすぐ北側の国道がルートにあたる為、テレビが点いていなくとも外の歓声で状況が判るのだが、近年、防音工事が完了し、歓声が届かないせいか、他のチャンネルのまま、過ぎていってしまった。

そもそも、自宅近辺の位置が、湘南海岸に出る、ヘリコプターからの綺麗な海岸線の映像のちょっと手前の辺りな為、番組編集上、「纏めてコマーシャル」、「歴代箱根王者の取材VTR」、即ち、時間調整の位置に当る訳で、やはりテンションが下がる、というか、沿道の活気も削がれる、って感じだ。




じゃ、翌日に復路を観戦したらいいじゃないか、という御意見も多数賜りつつも、その日はそれより早くにお出掛けしちゃったんで、今年は全く観れずに終わった訳で、来年はちゃんと観ようか、等と思っている次第である。




我が、御贔屓のモータースポーツは、ちょうどストーブリーグの真っただ中?で、誰が何処で、何処が何で、まぁ、今週辺りからじわじわと去就が判り出すのかと思うが、最近は国内だけでなく、海外も視野に大きく入ってくる為、週末にはもうサーキットに居る日本人ドライバーも多数いらっしゃる様子。
ストーブなんか要らないし、知らないであろう国にて、日本人ドライバーの健闘を楽しみにしつつ、時代の流れを感じたりする今日この頃である。



2012年12月28日金曜日

楽しい一年でした。

出来たこと、沢山在りました。



出来なかったこと、もっと沢山在りました。


時間が足りない、と思えば足りない。

 でも、

充分、色々、出来た、と思えば、出来た。


やりたいと思う事も増えた。

来年、やってみよう。


やりそびれた事もある。

来年、早々に済ませておこう。



全て、自分一人では始まらないことばかりだった。

独りじゃないって、素敵なことね。by M.Amachi

御清聴、感謝申し上げます。

2012年11月30日金曜日

「イイネ!」を取り消す。

SNS?ってモノは、どうなんでしょうな?FBですか?いけませんな。

 「イイネ!」





なんか、こう、活動している?みたいな気になりゃしませんか?

もちろん、皆さんはきちんとしていらっしゃるから、作業や行動、活動等の節目にブログにアップしなさる。



ちょっと昔、HP?なんてモノを皆さんが持ちはじめて、そこに、

  「店主の独り言。」

なんていう、肩甲骨の下のくぼみがくすぐったくなるような囲みがあって、それが、

  「ブログ。」

だったと記憶していますが、今や、時代は大きく流れて、

  「ブログ、更新しました!」

ということになるんですな。

で、HPはどうか?というと、まぁ、二年前辺りで止っているパターンが一番多く散見されます。




(さあ、ここから自分だ。)

エラそうに、他人様の指摘めいた事を記しておりますが、お察しの通り、もしくは、

  「もう、見てねえし!」 「ウザッ!」

等と、罵詈雑言の飛び交う中、当ブログは、約二か月のお休みを頂いておりました。

出来ることなら、お題を、

 「帰ってまいりました。」

とか、したかったのですが、日常の動作を、SNSにて公開しているわけですから、それはやはり、

 「有り得ねえし!」

と、至極当然の結果を招いた次第でございます。



また、少し、真面目に取り組みたいと思います。

本音を言えば、少々お恥ずかしい。

ずぼらにも程があります。

それを、事もあろうか、SNSのせいにしている自身が、なんと嘆かわしいことか。

大いなる反省を含み、今後、挽回を出来ます様、最大の努力を御約束すると共に、

ここまで読んで戴いた事への感謝を申し上げる次第でございます。




 次回、何時、お会い出来るのか、敢えて、ここで御約束致しませんが、

二度とこの様な事態に陥らぬ様、胆に銘じ、本日は失礼させて戴きます。

誠にもって、申し訳ございませんでした。